家賃保証会社は、賃貸の際に連帯保証人となってくれます。

家賃保証会社が取り扱う業務は、賃貸借業務の際に求められる親族等の連帯保証人に代わり、手数料を得ることによって第三者が連帯保証人となるサービスです。
借主に家賃の滞納などがあったときに貸主への立替払いをするもので、これを代位弁済といいます。
もちろんボランティアではなくビジネスのため、立て替えてもらった分の金銭は、後からきちんと支払わなければなりません。
借主にとっては連帯保証人が不要になる事がメリットとして挙げられます。
親や兄弟に連帯保証人を頼みづらい人、高齢者、あるいは障がい者世帯や外国人滞在者などにはメリットの大きい制度です。
現在は家賃保証会社を規制する法律はなく、監督官庁もありません。
ニーズやマーケットの拡大に対して、法律面の整備が追い付いていない状況です。
家賃保証会社を利用する場合には、入居申し込み時に審査が行われます。
会社を自分で選ぶことができるかどうかは、賃貸仲介会社次第ですが、大半は賃貸仲介会社が指定する会社になります。