賃貸契約の際の礼金とは一体どのように使われるお金であるのか。

賃貸住宅を契約する際にいくつか知っておきたいことがあります。
契約に関してかかる費用で家賃や仲介手数料などはわかりますが、敷金礼金に関してはどのように使われるのかというのが気になる方もいます。
敷金の場合は、退去する際に返金してくれるということで保証金みたいなものとわかります。
では、礼金の場合は戻ってくることも無く退去する際に部屋を破損など場合弁償しなればいけないということがあります。
この費用とは一体何であるのかを説明します。
簡単に言いますと次に住む方への補修に使うお金であります。
敷金の場合は敷引金額というものがあり敷金の約半分程が敷引されます。
この敷引されたお金で次の方への部屋補修を行います。
それと同じように全額頂いた礼金を次の方が使えるように補修にあてるお金として頂戴するのです。
では、破損した場合は弁償金を払うというのは、その費用の幅がオーバーしているということで弁償する費用が必要になるのです。
敷金の場合は返金の一部を使用する場合もあるので返金金額が減額になるということがあります。
その為、賃貸物件に敷金の方が少し金額が高く設定されている場合があるのです。