賃貸物件を契約する際に保証会社を使うという方法もあります

賃貸を契約する際には、色々な書類を書いたり、住民票や印鑑証明、会社員なら源泉徴収票、自営業の人なら納税証明書などの用意が必要です。
これらは自分で用意できるものですが、連帯保証人の承諾書は親族などにお願いして書いてもらいます。
ですが近年、様々な事情により連帯保証人を立てることが難しい人も中にはいます。
そうなると借りられないのかというとそうゆうわけでもありません。
そんな時に保証会社を使って賃貸契約をするという方法があります。
手数料を支払うことによって連帯保証人になってくれるというサービスです。
もしも家賃が払えなくなったときに、借主に代わって貸主に家賃を支払ってくれ、後で立て替えた分を回収するという仕組みです。
保証会社を使うには事前に審査があり、手数料と更新料がかかります。
なかなか連帯保証人を立てにくい場合はこのようなサービスがあるので検討してみると良いと思います。
また、いろいろな会社があるのでインターネットなどで調べてみると良いです。